Home > 研究活動

研究活動

センターの活動

研究活動

プロジェクト開発研究領域

開発途上国の食糧、農林水産業、環境など農学領域の問題を実践的に解決することができる「現場問題解決型」の人材を途上国が養成できる仕組みづくりを、農学教育研究体制の作り方を含め、教育協力(人づくり)プロジェクトとして開発する研究を行うことを目的とする。このため、途上国現場の農学領域の問題や、途上国からの要請課題や協力経験の実態を、自然環境、生産技術基盤、ならびに社会、教育などの諸側面より分析評価し、基本ニーズの発見とそのニーズに応える統合的で効率的な国際教育協力プロジェクトの開発を行う。また、その適応の可能性を高めるため、帰国留学生の協力を得て、現地の研究者・技術者との共同研究を進め、各種の研修活動を行い、国内外でのコンソーシアム(研究共同体)を積極的に活用するなど、フィードバックを含めたグローバル・レベルの質の高い研究活動を実施する。

ページトップへ戻る

協力ネットワーク開発研究領域

農学領域の国際協力に関わる大学、研究機関、各種国際協力組織の知的・人的資源情報を集約し、国際教育協力に効果的・効率的に活用するためのコーディネート手法とマネージメント(管理、運営)手法を開発・研究するとともに、途上国からの個別的な協力要請課題やニーズ、現場情報、国内大学教員等の研究蓄積と協力の経験・意向、人的配置、さらには国際協力機関や国際農業研究機関などに関するデータベースの構築とその有効な活用方法について、開発研究を行う。また、農学領域に関する国際教育協力研究の全国センターとして、農学関係大学・学部間ならびに国際協力関連組織等との連携・協力を促進するネットワークの形成を進めるとともに、帰国留学生の協力を得て、途上国のネットワーク形成を進め、併せて国内外のコンソーシアムの形成や運営に関わる統合的調整手法の研究を行い、コンソーシアム作りを企画・実施するなど、国内外でのネットワーク機能を強化するための研究を推進する。

国際教育協力