Home > 公開セミナー・研究会 > 終了: 生命技術科学専攻特別講義『国際農業開発論』のお知らせ

公開セミナー・研究会

終了: 生命技術科学専攻特別講義『国際農業開発論』のお知らせ

開催日時2007年07月25日13時00分
内容 2007.07.18 変更
<重要>会場変更のお知らせ
想定していた定員を超える申込があったため、本講義の会場を以下のように変更いたします。
急遽会場を変更いたしましたこと、お詫び申し上げます。
お間違えないようお越しください。

7月25日(水):
名古屋大学生命農学研究科A棟562号室→名古屋大学生命農学研究科B棟319号室
7月26日(木):
名古屋大学生命農学研究科A棟562号室→名古屋大学生命農学研究科B棟319号室
7月27日(金):
名古屋大学生命農学研究科A棟330号室→名古屋大学農学部第7講義室


生命技術科学専攻特別講義
『国際農業開発論』

講師:時田邦浩(JICA国際協力専門員、農学国際教育協力研究センター客員教授)

ねらい:
人間の安全保障、貧困削減に対応した農業技術協力とは?
その可能性と限界を考える

目標:
この講義を受講することによって
1. 開発途上国の抱える貧困問題の複雑な背景を説明できる
2. 国際協力における人間の安全保障の考え方が説明できる
3. 農業開発と農村開発の共通点、相違点を説明できる
4. 技術協力プロジェクト現場での実施プロセスの重要性を議論できる

◆講義スケジュール◆
7月25日(水) 名古屋大学生命農学研究科B棟319号室
●3時限(13:00 - 14:30)
第1,2回:授業の進め方説明、ODA事業概要
●4時限(14:45 - 16:15)
第3,4回:貧困はなぜ起きるのか?世界の潮流「貧困削減」

7月26日(木) 名古屋大学生命農学研究科B棟319号室
●2時限(10:30 - 12:00)
第5,6回:途上国の農業を見てみよう。アフリカの農業、ファーミングシステム
●3時限(13:00 - 14:30)
第7,8回:食料は足りているのか?
●4時限(14:45 - 16:15)
第9,10回:技術協力の現場から:技術協力プロジェクトの事例紹介

7月27日(金) 名古屋大学農学部第7講義室
●2時限(10:30 - 12:00)
第11,12回:農林業開発と環境・ジェンダー
●3時限(13:00 - 14:30)
第13,14回:事業評価、国際協力の方向性
●4時限(14:45 - 16:15)
第15回:まとめ

生命農学研究科の学生で単位取得希望者は教務学生掛備付けの『受講申請台帳』に1週間前までに申込手続きを行ってください。

※本講義は生命農学研究科単位取得者対象ですが、それ以外の方の聴講も大歓迎です。
なお、他大学の学生の単位認定はございません。



報告日2007年07月30日
タイトル生命技術科学専攻特別講義『国際農業開発論』を開催いたしました。
内容 準備中